CSRアジア東京フォーラム2015開催のご案内-このイベントは終了しました




お陰様で、CSRアジア東京フォーラム2015は、多くの皆さまにご参加いただき、大盛況のうちに終了いたしました。

図1

アジア各国で開催されているCSRアジアのフォーラムを今年も東京で開催します。今年のメインテーマは「アジアにおけるCSV(共通価値の創造)の実践」。持続可能なビジネスを実践するためにはCSVの概念をビジネスに取り入れ、それを実践していくことが必須です。
本フォーラムでは先進企業の事例を紹介しつつ、どのようにCSVを実践し、企業が社会課題の解決に取り組めるかについて実際に役立つ情報を提供します。CSVに関連してインクルーシブ・ビジネスやインドネシアのCSR専門家による事例発表、さらにアジアのサプライチェーン管理、CSRのグローバル展開など、アジアでCSRを進める上で欠かせない様々な主要トピックも取り上げます。
多くのみなさまのご参加をお待ちしております。

開催概要

【日時】          2015年1月27日(火) 10:00~17:00 (9時45分受付開始)
【場所】          飯田橋レインボービル1階会議室 (東京都新宿区市谷船河原町11)
【アクセス】   JR飯田橋駅西口下車5分 有楽町線/南北線「飯田橋」駅から徒歩5分
         東西線/大江戸線「飯田橋」駅から徒歩9分 (地下鉄はB3出口)
地図はこちらから
【参加費】      21,600円(消費税込)*昼食、資料代が含まれています。
【定員】        100名(先着順)
【登壇者】
ミン・ヒギョン氏 (韓国CJコーポレーション副社長兼CSV担当役員)
パトリック・シルボーン氏 (グローバルファンド 世界エイズ・結核・マラリア対策基金  民間セクター連携部長)
岸本吉浩氏 (東洋経済新報社 CSRデータ開発チーム 『CSR企業総覧』編集長)
袴田淑子氏 (株式会社ニコン 経営戦略本部 CSR推進部長)
ビクトリア・ボーラム氏 (株式会社LIXIL  グローバルCSVディレクター)
三本松真広氏 (株式会社バンダイ プロダクト保証部品質マネジメントチーム サブリーダー)
ジャラール (A+ CSRインドネシア共同創設者、CSRアジア インドネシアパートナー)
リチャード・ウェルフォード (CSRアジア会長)

登壇者のプロフィール及び当日のプログラムはこちらからダウンロードいただけます

【主催】          CSRアジア
【後援】    株式会社 東洋経済新報社
【特別協力】 グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)  日本国際交流センター
【協力】    CSR JAPAN   野村ホールディングス株式会社   富士ゼロックス株式会社

英語での講演には、英日の同時通訳がつきます。

過去の東京フォーラムの詳細はこちらをご覧ください。

お申し込み方法
こちらをクリックし、専用フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。後日、ご請求書を郵送致します。お振込みをもちまして、ご参加登録とさせていただきます。(受講証は発行致しません)
フォーラムに関するお問合せは japanoffice@csr-asia.com までお気軽にご連絡ください。