「日本国内における『外国人技能実習制度』とCSR調達」のセミナーを開催 2015年6月24日-このイベントは終了しました




日本企業においてCSR調達に関する議論や活動が活発化しています。しかし、多くの日本企業ではCSR調達というと新興国での問題と認識しています。海外メディアや国際NGO・NPO等は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて「外国人技能実習制度」を「人身取引」という観点で社会問題として取り上げ、マレーシアやタイなどで起こりうる「移民労働者問題」と同様に、日本国内における強制労働、長時間労働、身分証明書の保管方法の問題、労働安全衛生面の問題、また、各国の送出し国・送出し機関における、人身取引にかかる問題として改善要求を活発化してきています。

そこで、日本企業において、過去経験がないと思われる日本国内における「外国人技能実習制度」、「移民労働問題」の整理と理解を深め、CSR調達の側面から日本国内においても企業がどのような対応をして行くべきかを学び、2020年に向けた準備をどう進めるべきかを考えることが本セミナーの目的です。

開催概要

【日時】2015年6月24日(水) 13:30~16:50 (受付開始13:15)
【参加費】2000円(税込・当日支払)
【場所】公益財団法人ウェスレー・ファウンデーション 2階セミナールーム
東京都港区南青山6-10-11   地図はこちら

【共催】㈱エナジェティック グリーン  CSRアジア東京事務所

【タイムテーブル(予定)】敬称略
13:15      受付開始
13:30-13:35 セミナー開催の挨拶
赤羽真紀子 CSRアジア日本代表
13:35-14:30 日本国内における「外国人技能実習制度」と「CSR調達」
和田征樹 (株)エナジェティック グリーン共同代表
14:30-14:45 休憩
14:45-15:45 「人身取引」について
山田美和 日本貿易振興機構アジア経済研究所 新領域研究センター 法・制度研究グループ長
15:45-16:45 外国人技能実習生 送り出し事情に関して
Thao, Than Thi グローバル人材サービス(株)代表取締役(GLOBAL MANPOWER SERVICES JSC)
16:45-16:50 閉会の挨拶
赤羽真紀子 CSRアジア日本代表

お申し込み方法 こちらをクリックし、専用フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。参加費2,000円(税込)は当日に受付でお支払ください。受講証は発行致しません。
定員を超えた場合に限り、ご参加いただけない旨のご連絡をいたします。
当ワークショップに関するお問合せは japanoffice@csr-asia.com までお気軽にご連絡ください。