CSRの現状整理と次のステップ

 

日本企業のCSR実践は、世界でも「進んでいる」といえますが、世界から「評価をされている」かといえば、残念ながらそうでなないのが実情です。ある意味で、日本のCSR実践もガラパゴス化していることは否めません。日本企業のCSRの内容をよく見てみると、地球規模課題に対して、世界中で企業が求められている期待に応えられていないためだと思われます。

 

日本企業は、社内のあらゆる部署や階層からCSR担当部署に対して、懸案事項を対応するよう依頼が次々持ち込まれ、それらの対応に追われている間に、気づけば、さまざまなプログラムや対応をCSR部署が担当することになり「なんでも屋」となっているケースも実際には少なくありません。その結果、「戦略的なCSR実践」ということから乖離してしまっている現状に悩んでいるところも散見されるのが実情です。

 

CSRアジアでは、CSRプログラムや実践内容を洗い出し、会社の本業にあうものは何か、世界の先進企業ではどうしているか、などの情報を総合的に判断して、今後の方向舵をどちらに向けていくかのアドバイスなどもさせていただきます。日本企業があと一歩のところで、世界企業としても歩んでいかれるかどうかは、サステナビリティの実践を世界市場の期待に応えられるところにもっていかれるかにかかっています。

 

お問合せはこちら