ステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダー・エンゲージメントとは?

ステークホルダー・エンゲージメントとは、企業がステークホルダー(利害関係者)と関わる機会を通じ、ステークホルダーの懸念事項や企業活動による地域社会への影響などさまざまな課題についてを話し合いの場をもち、またさまざまな形で関わりをもつことです。企業にとっては、自らが推進している事業やCSRについて、さらに理解してもらう良い機会となり、ステークホルダーにとっては、企業に直接意見や期待を伝える良い機会となります。

 

GRIガイドライン、ISO26000でもステークホルダーと積極的に関わることが推奨されていることからも、国際的にその重要性が認識されており、企業が社会的責任の実践と持続可能な成長を進めるためにはステークホルダー・エンゲージメントは欠かせない要素になっています。

 

「ステークホルダー・エンゲージメント」と「ステークホルダー・ダイアローグ」は、日本企業の間では、混同されて使われることが多いようです。「ステークホルダー・ダイアローグ」はステークホルダーと対話すること(ダイアローグ)ですから、「ステークホルダー・エンゲージメント」の中の一つの手法に過ぎません。

 

企業にとってのステークホルダーとは誰?

企業や組織と直接・間接的に関わりを持つ人、あるいは企業活動に関心をもつ人など、企業に関わるすべての人がステークホルダーといえます。企業にとって、代表的なステークホルダーは、顧客、従業員、サプライヤー、投資家、金融機関、市民組織(NGOなど)、メディア、政府機関、地域住民、学識者などが考えられます。

 

なぜステークホルダーとの関わりがCSRにとって重要か

  • 地域や時流によって、刻々と変わり続ける社会の要請を素早く察知できる
  • 企業にとってダメージとなるようなリスクを回避することができる
  • ステークホルダーとの関わりが、機会創出となる可能性がある
  • さまざまな立場のステークホルダーの意見や考えに接することでステークホルダーが期待している企業としてのあり方を把握できる

 

CSRアジアのサービス内容

CSRアジアでは、独自に開発したステークホルダー・エンゲージメントの手法を用い、ご依頼企業様とそのステークホルダーの皆様が、さらに戦略的に関わることにより、企業活動が成功できるようご支援いたします。数多くの課題をかかえるアジア新興国市場においての成功のカギは、当地においてステークホルダーとのエンゲージメントをいかに効果的に実施できたかによると言っても過言ではなくなってきています。

 


1、ステークホルダーの特定、優先順位付け、ダイアローグのセッティング、ステークホルダーの関心事の分析、対応策などご要望に応じて、ご支援いたします。

 

 


2、ステークホルダー・エンゲージメントに関する社内研修を承ります。

 

 

3、ステークホルダーとのダイアローグが効率的に、効果的に行われるよう第三者機関として中立の立場で、ダイアローグのファシリテーションを行います。

 

 

 

お問合せはこちら