海外拠点のCSRレポート作成支援

 

本社でCSRレポートを出していて、それを英語に訳して、グローバル版のCSRレポートとしているから、海外拠点のCSRレポートをわざわざ発行する必要はないのでしょうか。それを英語だけでなく、中国語などにも訳して出しているから、CSRレポートの各国語版は必要ないのでしょうか。

 

確かに、海外拠点のものまできっちりCSRレポートを作るのは、作業量やコストの面から完璧にこなすのは難しいのが現実です。しかし、日本企業のCSRレポートの英語版を読んでみると、日本国内のことについての言及がかなり多く、「英訳された日本のローカル版」に見えてしまいます。それを「グローバル版」と位置付けてしまうには、かなり無理があるだろうと思われます。そのような「英訳された日本のローカル版」に見えてしまうCSRレポートからでは、その企業がグローバル企業だという姿勢や意欲が、世界には通じないでしょう。

 

会社が経営上重視している国や言語圏に向けて、ローカル版のCSRレポートを発行していくことも大切です。
CSRアジアは世界中に8つのネットワークをもっており、それぞれの国や市場のCSRに熟知し、報告書執筆の経験豊富なスタッフを擁しております。経営上の優先度が高い国や市場に向けてのCSRレポートの作成のご支援をさせていただきます。

 

これまでの海外CSRレポート作成の実績はこちら

【これまでの実績の一例】

  • キャセイ・パシフィック航空「次なる目的地へ:持続開発報告書」
  • シャングリラ・ホテル・アンド・リゾート「年次報告書」内のCSR部分
  • GRI(グローバル・レポーティング・イニシアチブ)「コミュニティ・インパクト報告書」
  • ダーボン・インターナショナル「サステナビリティ報告書」
  • ウィルマ―・インターナショナル「サステナビリティ報告書」
  • ギネス・アンカー「CSR報告書」
  • 中国銀行(香港)ホールディングス「CSR報告書」
  • ニューブリテン・パームオイル「サステナビリティ報告書」
  • アジア・パシフィック・ブリュワリーズ「サステナビリティ報告書」
  • スワイヤー・プロパティーズ「持続開発報告書」
  • 中国南方航空「CSR報告書」
  • 香港電燈「コミュニティ投資の測定リーフレット」
  • ホープウェル・ホールディングス「サステナビリティ報告書」
  • 東亜銀行ホールディングス「CSR報告書」
  • チャイナ・オーバーシーズ・ホールディングス「CSR報告書」
  • チャイナ・ステート・コンストラクション「CSR報告書」
  • エンコープ「サステナビリティ報告書」
  • 恒隆グループ「サステナビリティ報告書」

お問合せはこちら