環境配慮型不動産と入居者のスマートな関係

2015年12月に開催された第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)にて採択されたパリ協定は、各国政府が温室効果ガスの排出削減に向けて最善を尽くすことで地球規模の気候変動に取り組み、進捗状況を「自国が決定する貢献

もっと見る

職場のセクハラ撲滅への企業の努力

この数か月、セクハラ(性的嫌がらせ)スキャンダルがメディアを騒がせている。これを受け、企業は職場での実態の把握と全従業員に及ぼしうる影響について詳細な調査に乗り出した。日本の公的機関から、東南アジアの新興企業、さらにハリ

もっと見る

持続可能な食への歩み

ビ―ガン(完全菜食主義者)にならなければ持続可能な食事はできないのか。このスズキのムニエルが食卓に辿り着くまでに現代版奴隷制に加担し来なかっただろうか。この料理を残さず食べ切らないといけないのか。 消費者が商品を選ぶ際の

もっと見る

ジェンダー平等の測定

女性のエンパワメントを推し進めるという大きな課題は、どんな政府、国際機関、NGOであっても単独では達成し得ない。雇用を創出し、イノベーションや投資を促進する機動力として、企業の積極的な参画が不可欠である。 国連グローバル

もっと見る

企業のサステナビリティを価値につなげる

一段と注目される透明性 現在のビジネス界では、透明性なくして事業は成り立たない。企業の経営方法について、顧客はこれまで想像するしかなかったが、今では簡単に情報が入手できるのだ。投資家はビジネスチャンスと市場アクセスが広が

もっと見る

SDG報告に乗り出した大中華圏の企業

国連の持続可能な開発目標(SDGs)は9月に採択から2周年を迎える。新たに発行された2016年版サステナビリティ報告書を考察し、採択の翌年に大中華圏の企業がいかなる対応を取ったかを把握する絶好のタイミングである。 GRI

もっと見る

「食料市民権」の高まり

東南アジアは美食家にとって天国である。シンガポールでは食を追求して旅行したり、食材を探し回って顰蹙を買ったりする者がいるが、政府自らも世界中の有名シェフを招くイベントを次々と開催して、世界有数の観光地となるよう音頭を取っ

もっと見る