「食料市民権」の高まり

東南アジアは美食家にとって天国である。シンガポールでは食を追求して旅行したり、食材を探し回って顰蹙を買ったりする者がいるが、政府自らも世界中の有名シェフを招くイベントを次々と開催して、世界有数の観光地となるよう音頭を取っ

もっと見る

高齢化するアジアにおけるビジネスの将来性

世界の60歳以上人口の過半数を抱えるアジアでは、2050年にその数が13億人に達すると予測されている1。同地域にある日本と韓国、シンガポールでは、高齢者が人口の14%以上を占める「高齢先進国」となっている2。 人口の高齢

もっと見る