企業と生物多様性

最近の報告書は、東南アジアの大メコン圏において、研究者らが新たに動植物139種を特定したとしている。内訳は植物90種、爬虫類23種、両生類16種、魚類9種と哺乳類1種である。しかし新たに見つかった種の多くが、生息地の消失

もっと見る

経済成長の恩恵を受けていないアジアの貧困層

国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)が先日新たに発表した報告書によると、アジア太平洋地域の開発途上国は、世界の他の地域と比べて依然として良い状況にあるものの、構造的脆弱性により今後の成長が抑制されるとしている

もっと見る